» 未分類のブログ記事

将来型について

| 未分類 |

任意後見契約は、認知症が進行するなどして判断力が十分でなくなった場合に備えて、元気なときに契約をして、そうなった場合の法律行為の代理や金銭管理などをしてもらえるように、弁護士などの第三者に後見人となることを依頼しておくという制度です。


そのなかのタイプのひとつである将来型というのは、元気である間は後見が行われず、判断力が不十分になり、家庭裁判所によって任意後見監督人が選任される段階になって、はじめて契約の効力が発生するというものです。
元気である間には効力が発生しない以上、契約作成時の報酬や手数料だけで、後見にともなう費用も発生しないということになりますので、他のタイプよりも手軽に契約できるというメリットがあります。
しかし、元気である間には弁護士などと顔を合わせる機会がまったくなくなってしまうため、実際に後見がはじまった段階での意思疎通が困難になり、前もって考えていた希望どおりに物事が進まなくなってしまうという可能性も高いということがいえます。
そのため、この契約とは別に、見守り契約のようなものをセットしておき、定期的な安否確認の際に弁護士と合う機会をもつなどの工夫をするのが適当とされています。

即効型について

| 未分類 |

任意後見契約とは、加齢などで将来判断能力が鈍ることを予想して、あらかじめ財産管理などを受任者に委任しておく制度です。もう少し具体的に書くと、将来を見越して事前に公証人役場で任意後見契約を結んでおき、認知症ではないか、と思った時に家庭裁判所に申し立てをして任意後見監督人(任意後見人が仕事をきちんとしているかを監督する役目)の選任をしてもらうということになります。


この契約には「将来型」「移行型」という形がありますが、もう一つ、最も後見人の選定を急ぐ必要があるのが「即効型」という場合です。これは後見人を選定したらすぐに後見の手続きを行うものです。その人に任意後見を結ぶだけの判断能力はあるものの、一方で判断能力の衰えの自覚もあり、すぐに後見を開始してほしいという場合に選択されます。ただし、当然のことながら任意後見を行えるだけの判断能力があるかどうかの判断が必要です。
判断能力が既に衰えてきているので、任意ではなく「法定後見制度」を選択することも常に視野にいれる必要がある、非常に難しいケースと言えます。法定後見制度では、親族等が家庭裁判所に後見人等の選任を申立て、家庭裁判所が後見人等を選任することになります。

移行型について

| 未分類 |

任意後見契約というのは、高齢になって認知症が進行し、判断能力が不十分になってしまうような場合に備えて、本人の判断能力がある段階から、前もって後見のための契約を締結しておくというものです。これにはいくつかのタイプがありますが、そのなかでもメリットが大きいとされているのが、「移行型」とよばれているものです。
このタイプでは、本人が健康なときから、財産管理などに関する委任契約を、将来的に後見人になってもらうこととなる弁護士などと契約しておくことになります。


このようにすれば、普段から委任契約の状況報告や様子見などで、頻繁に顔を合わせる機会が生まれ、コミュニケーションもスムーズになります。そして、いざ判断能力が低下した段階になった場合には、そのまま任意後見人が本人のために代理権を行使するなどして、その権利や財産を守るといった業務に移行するということになります。
このため、いったん契約を結んだ後、判断能力の低下するときまで、任意後見人とはほとんど接点がなくなってしまう「将来型」のような方法と比較すると、本人と任意後見人との意思疎通があるだけに、本人の希望に即した良好な結果が生まれやすいということがいえます。

知的障害や精神障害、認知症などの精神上の障害がある人を保護するための制度が「成年後見制度」ですが、成年後見制度は、判断能力が衰える前に利用できる「任意後見制度」と、既に判断能力が衰えてからしか利用できないない「法定後見制度」からなります。


「任意後見契約」とは、将来判断能力が不十分になったときの後見人とその仕事の内容について交わす契約で、当事者同士の契約になります。信頼できる人を選んで契約を交わし、公証人役場で公正証書を作成します。認知症の症状が見られるようになったら、任意後見受任者か親族が本人の同意を得て、家庭裁判所に申し立てると、家庭裁判所は任意後見監督人を選任し、同時に任意後見人としての仕事が開始されます。選任された任意後見監督人は、任意後見人の仕事をチェックします。
任意後見の契約には、即効型、移行型、将来型の3種類があります。
「即効型」は、契約を結んですぐに後見を開始するもので、判断能力が既に低下していきているが、契約を結べる状態の場合に利用します。「移行型」は、判断能力はあるが、身体的な衰えなどで任意後見受任者に財産管理を依頼したい場合に、任意後見の契約と同時に委任契約を結びます。「将来型」は、任意後見の契約のみを結ぶものです。

補助について

| 未分類 |

補助という言葉は介護につながる言葉にきこえますが、全く違います。人間社会は助け合いが、協力が大切で、その精神が国家を支え、成立しています。法律でまもられる立場の人、法律で助けてくれる人と社会はいろいろな立場の人間がいます。弱い立場の人間を支え助けることは、当然の義務と考え行動できる人こそ尊敬されるべき人です。


未成年で親のいない立場の人間を後見者が法律上みることがあります。法律にのっとり親のような立場になり支える場合と、任意に後見者の立場に立つこともあります。後見は未成年の親の残した遺産の問題があり、未成年のリスクを少なくすること考え行動しなければなりません。いろいろトラブルをかかえることになると、相談相手になり支えます。親以上の責任を背負うことになります。大切なことは、法律を知り行動し、生活を支えてやることです。未成年者の事件が多く、法律を知っていることがトラブルを解決します。解決が難しい問題も後見者という立場で助け、ヒントを知り、良い方向にもっていくことも可能です。不可能な問題は、弁護士などの専門家に相談します。公的な立場の人に相談し保護者の立場で、未成年を支援できます。後見者の立場で法律を守り、正しく未成年を育てます。

保佐について

| 未分類 |

成年後見制度という制度があります。
これは精神上の障害などの理由で「判断能力が不十分な人」が社会の中で生活して行くうえで、経済的な不利益を受けることがないように、支援してくれる人をつける、というものです。
「判断能力が不十分な人」は、その不十分さの度合いによって3つのランクに分類されます。


まず、不十分さの度合いが一番高く、自分の行為の結果について合理的な判断をする能力がないような人を支援する人のことを「成年後見人」といいます。
また、3つのランクの中では、不十分さの度合いが一番低く、自分の行為の結果についての合理的な判断をする能力が不十分な人を支援する人のことを「補助人」といいます。
「保佐人」が支援するのは、成年後見人が支援する人と補助人が支援する人との中間の、自分の行為の結果についての合理的な判断をする能力が著しく不十分な人(具体的には、日常の買い物程度は自分でできるが、重要な財産行為は自分で行うことができないというような人)です。
また、この成年後見制度には「任意後見」と「法定後見」があります。
本人の判断能力が不十分になる前に自分の意思で支援してくれる人を決めるのが任意後見で、本人の判断能力が不十分になった後に家庭裁判所の審判によって支援してくれる人が決定されるのが法定後見です。

後見について

| 未分類 |

この制度には「任意」と「法定」の2種類があります。この二つの違いはどこに由来するかということを端的に言うと、本人の判断能力が不十分になる前なのか後なのか、ということになります。


法律用語では「任意」は本人の自由意思によ、「法定」は強制力によるものということを指します。ですからこの場合も、任意であるというのは、本人にまだ判断能力があるのですが、これが衰えてきている自覚が本人にもあるため、将来衰えがさらに進んだ時に助けてくれる人を自ら指定して裁判所に申し立てを行うということです。これは「契約」的な行為と言えます。
一方「法定」とは、判断能力が衰えたと判断された場合、親族などが家庭裁判所に申し立てを行うことで法律の規定による強制力のある措置と言えます。これは本人の判断能力をどの程度失っているかという度合いによって3段階の類型に分けることができます。
買い物などの日常の行動はできても、財産行為などの判断が不十分な場合は「補助」となります。これより援助の程度が上がると「補佐」となりますが、日常的なこともできなかったり、自分や家族の名前すらわからないなど、判断能力が
ほとんどない場合には「後見」が必要であると判断されます。

将来的に認知症などになってしまったときに備えて、判断能力がある段階から公証役場で契約をして任意後見人を依頼しておき、いざというときにサポートが得られるようにするのが任意後見制度とよばれるものです。
しかし、実際に後見人による後見がはじまるのは、判断力が不十分になってからのこととなりますので、この後見がはじまるまでの間にどのようなサポートがあるかという違いに応じて、いくつかの種類に分けられています。


まず、移行型というのは、任意後見契約を結ぶと同時に、財産管理の委任契約もあわせて結んでおいて、判断能力がある段階から支援を受けるというものです。契約からずっと見守りが続くため、正式な後見への移行もスムーズに進められるということをねらったタイプになります。
即効型というのは、任意後見契約を結んだ後、直ちに後見がはじまるというもので、このタイプではすでに判断能力が少し衰えてきている段階を想定しています。家庭裁判所に対しては、あわせて任意後見監督人の選任を申し立てる必要があります。
将来型というのは、任意後見契約を結んだまま、健康な状態にある段階では特に何もサポートは受けずにおき、将来的に判断能力が不十分になってはじめて後見が行われるというタイプとなります。

成年後見人制度という制度があります。これは、知的障害や認知障害などによって判断能力が十分でない者の法律行為を保護・支援する後見人を決める制度のことを言います。そして成年後見人制度は大きく分けて二つに分類することができます。
その一つが任意後見です。これは、まだ本人の判断能力がまだあるうちに、将来自分の判断能力が不十分になったときのために、あらかじめ将来の後見人の候補を指名しておくといったものになります。本人と後見人候補者の間で公正証書による契約が交わされることにより実効力を持ちます。そして候補者が後見人になると、その行為は家庭裁判所が選任した監督人により監督を受けることになります。またこの後見方法は法定後見に優越します。なぜなら、成年後見の理念は本人意思の尊重であり、本人の意思により締結した契約は裁判所の審判より優先させるという考えがあるからです。


二つに大別したもう一方には法定後見があります。これは、本人の判断能力が不十分になったときに、家庭裁判所の審判で後見人が選任され開始されます。また法定後見には、後見、補助、補佐の3類型があり、本人の判断能力に応じて行為能力が制限されたり、本人を保護するための後見人の権限が増えたりします。