保佐について

| 未分類 |

成年後見制度という制度があります。
これは精神上の障害などの理由で「判断能力が不十分な人」が社会の中で生活して行くうえで、経済的な不利益を受けることがないように、支援してくれる人をつける、というものです。
「判断能力が不十分な人」は、その不十分さの度合いによって3つのランクに分類されます。


まず、不十分さの度合いが一番高く、自分の行為の結果について合理的な判断をする能力がないような人を支援する人のことを「成年後見人」といいます。
また、3つのランクの中では、不十分さの度合いが一番低く、自分の行為の結果についての合理的な判断をする能力が不十分な人を支援する人のことを「補助人」といいます。
「保佐人」が支援するのは、成年後見人が支援する人と補助人が支援する人との中間の、自分の行為の結果についての合理的な判断をする能力が著しく不十分な人(具体的には、日常の買い物程度は自分でできるが、重要な財産行為は自分で行うことができないというような人)です。
また、この成年後見制度には「任意後見」と「法定後見」があります。
本人の判断能力が不十分になる前に自分の意思で支援してくれる人を決めるのが任意後見で、本人の判断能力が不十分になった後に家庭裁判所の審判によって支援してくれる人が決定されるのが法定後見です。