補助について

| 未分類 |

補助という言葉は介護につながる言葉にきこえますが、全く違います。人間社会は助け合いが、協力が大切で、その精神が国家を支え、成立しています。法律でまもられる立場の人、法律で助けてくれる人と社会はいろいろな立場の人間がいます。弱い立場の人間を支え助けることは、当然の義務と考え行動できる人こそ尊敬されるべき人です。


未成年で親のいない立場の人間を後見者が法律上みることがあります。法律にのっとり親のような立場になり支える場合と、任意に後見者の立場に立つこともあります。後見は未成年の親の残した遺産の問題があり、未成年のリスクを少なくすること考え行動しなければなりません。いろいろトラブルをかかえることになると、相談相手になり支えます。親以上の責任を背負うことになります。大切なことは、法律を知り行動し、生活を支えてやることです。未成年者の事件が多く、法律を知っていることがトラブルを解決します。解決が難しい問題も後見者という立場で助け、ヒントを知り、良い方向にもっていくことも可能です。不可能な問題は、弁護士などの専門家に相談します。公的な立場の人に相談し保護者の立場で、未成年を支援できます。後見者の立場で法律を守り、正しく未成年を育てます。